« 網走・原生花園 | トップページ | 摩周湖・阿寒湖 »

知床半島

遅々として進まない北海道旅行記、2日目です。

2日目は網走からレンタカーを借りて、知床半島へ。

実は私、かねてから知床半島の観光船に乗ってみたいと思っていたのです。それで今回の旅行の(ワタシ的)メインはこの知床観光でした。

知床観光船を運営している会社がいくつかあり、船酔いが心配なら大型船でゆったり観光、小さめの船でより半島の近くをクルーズ、など選べるのですが、今回は中型の船を運営しているところで、運よくちょうどいい時間の船の予約が取れ、いざ!と出かけていったのですが・・・

朝からの悪天候により全便欠航・・・!_| ̄|○

悲しい、悲しすぎる・・・(T_T)

悪天候、と言っても、午前中は雨でしたが、午後は小雨が降ったりやんだり時には日差しも、という感じだったのですが・・・まあ自然を相手にしているとこういうこともありますね。次こそ、次こそ・・・!

気を取り直して、お昼ご飯。この日のお昼ご飯は、「ウトロ漁協婦人部食堂」でウニイクラ丼をいただきました。

Utoro_gyokyo01 Utoro_gyokyo02

文字通り、漁協のお母さんたちが、外から見たら普通の事務所?倉庫(とまでは言わないか)のような建物の中で食堂やってます。お昼時だったこともあってか、結構混んでました。

ここのウニが絶品!!!こんなおいしいウニは初めて食べました。全然臭みもないし、とろけるような食感がたまりません!!今まで、ウニって嫌いでもないけど、ものすごく食べたいと思うほどの食材でもなかったのですが、いや~これはすごかった。量も全然けちってなくて、これぞウトロ!って感じ(?)。これ食べられただけでもまいっかな・・・と思わせてしまうウニイクラ丼。

とはいっても、ここまできてそれだけで帰るのはばかばかしいので、陸を観光します。夏季の交通渋滞の緩和のため、個人の車の乗り入れが制限されていたので、レンタカーを駐車場に置いてバスでカムイワッカ湯の滝を目指します。更に、落石の危険があるということで、カムイワッカ湯の滝も一の滝までしか行けませんでした(もっと上流は秘湯として有名らしい)。

Kamuiwakka1 Kamuiwakka2

Kamuiwakka3 Kamuiwakka4

その名のとおり、滝が水ではなく、生ぬるい湯になって流れています。足を浸すといい感じ。ただし、「足湯」のように整備されているわけではないので、立ったまま滝の中(平らになっているあたり)を歩く、という感じですが。

カムイワッカ湯の滝はここまで。夏季定期運行されているバスで知床五湖の入り口まで戻ります。

そして、知床五湖も、「ヒグマ出現により散策は第一湖と第二湖のみ」の看板が。

がーん。。。

しかし、クマというと、イラストなどではかわいく描かれる動物ですが、ヒグマは体も大きく、会ってしまうと非常に危険な動物です。

Shiretoko_goko1 Shiretoko_goko2

Shiretoko_goko3 Shiretoko_goko4

Ezo_shika1なんかビミョーに消化不良(?笑)の知床半島観光でしたが、バスの中からたくさんのエゾシカを見ました。

目がパッチリしててかわいいんですよ!カメラを構えていても、バスも動いているし、エゾシカも動きが早いので、なかなかいい写真が撮れなかったんですが。。。

でもこんなに人の近くまで野生のエゾシカが寄って来るなんて、やはり知床半島は自然の宝庫だ!

というわけで、夜はまた網走まで戻ってきました。知床半島観光がメインというわりにはウトロに泊まらないという邪道コース。

この日はカニを食べるぞカニを!ということで五十集屋(いさばや)という、オホーツク海に面した海辺にある炉辺焼きの店へ。

Isabaya01 Isabaya02

最初場所がよく分からなかったのですが、それもそのはず、店の外見はただの倉庫でした笑。中に入ると、一階は倉庫なのかデコレーションなのか分からない店内。奥の階段を上ると店内です。

Isabaya03 Isabaya04

タラバガニ二人前!一人前が「足三本分」とあったので、じゃあ二人前、と何も考えずに注文したら、やたらでっかい足が六本でてきました!苦笑

これをお店のおばちゃんが半生くらいに焼いてくれるのですが、これがもう、最高!!味付けは海水の塩分だけ。なにもつけないのに、本当に本当においしいんです。席には軍手とはさみが置かれていて、二人してまさに無言でもりもり食べました。

観光はともかく、味覚では大満足の一日でした~。

|

« 網走・原生花園 | トップページ | 摩周湖・阿寒湖 »

コメント

すごい、おいしいもの続きでしたね!!
私もウニはちょっと苦手だけど、
Rubyさんの反応を読んで、食べてみたくなりました。
でも、自然をメインにした旅行って、どうしても、天候に左右されてしまうので、思うようには行かないですね~。
この悔しさ(?無念さ?)を、次回の楽しみに変えて、是非、もう一度行かなくては!ですね。

投稿: Sammy | 2007年9月20日 (木) 14:56

ええ、舌は大満足でした!笑
ウニはね~好きな人と嫌いな人と分かれますよね~。
でもここのは本当に新鮮で、感動しました。
観光船は悔しい~~~!せっかく予約取れたのに!
是非、次こそ!とひそかに狙っています。笑

投稿: Ruby | 2007年9月21日 (金) 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 網走・原生花園 | トップページ | 摩周湖・阿寒湖 »