« 華麗なる? | トップページ | 春の食材 »

修善寺温泉

先週末、修善寺温泉に行ってきました。

最近、温泉といえば大分ばかりでしたが(それはそれでとっても贅沢ですね・汗)、久々に近場の温泉もいいものですね。

昨年後半から今年の初めにかけて、夫婦そろって忙しく、特に夫のほうは毎日日付が変わるころに帰ってくるような状態だったので、土日といえば文字通り「休む」ので精一杯だったのですが、最近ちょっとその状況が変わりつつあり、たまにはちょっと遠出するか、と思い立ったように宿を予約。久しくエンジンを動かしていなかった車で出かけました。

大渋滞

Shuzenji01

Shuzenji02

お天気は曇り時々晴れ、といった感じで、快晴とまではいかなかったのですが、雨が降らなかったからよしとしますか。修善寺でのおみくじは、夫が大吉(!)、私が中吉。なんかぱっとしませんね(^^;;

桜は、早咲きが少し咲いていました。

Shuzenji03

Shuzenji04

Shuzenji05

Shuzenji06

Shuzenji07

Shuzenji08

途中立ち寄った喫茶では、コーヒーに生花があしらってありました。

Shuzenji09

Shuzenji10

修善寺に一泊して、帰り道に「韮山反射炉」にも寄ってみました。

Shuzenji_hansharo1

韮山反射炉は、江戸幕末に立てられた反射炉で、現在では国指定史跡だそうです。

テツですよ、テツ。今話題の(違)

ま、それはいいとして、江戸時代、幕末の伊豆代官・江川太郎左衛門英龍は、早くから国防の重要性を幕府に主張し、安政元年(1854年)大砲鋳造に必要な反射炉の建設に着手。

Shuzenji_hansharo2本人は翌年その完成を見る前になくなりましたが、その子英敏が事業を受け継ぎ、安政4年(1857年)、完成しました。今現在形を残して残っている反射炉としては日本唯一のものだそうです。また、西欧では早くから高炉に移行したため、反射炉が残っているのは世界でも珍しく、世界唯一の産業遺産でもあるそうです。

今回りに鉄骨が寄せてありますが、これは後から補強のためにつけたものだそうで、建設当時は白亜の反射炉だったようです。

そしてこの近くには大砲の鋳造をする場所などもあり、トータルの工場のようになっていたそう。

先人の知恵と情熱には感心しますね。

そして、帰り道。

一般道も高速も大渋滞

夫運転手様、ごめんなさい。次に行く時は踊り子号で・・・!

でも、久々にちょっと遠出して、リフレッシュできました。

|

« 華麗なる? | トップページ | 春の食材 »

コメント

修善寺に行ってらしたんですね☆
実は(?)私は先々週末に東伊豆あたりに行ってきました。
…記事をUPしようと思ってるうちに1週間経過しちゃったんですが(汗)。

修善寺温泉もいいな~と、すっごく迷って
でもダンナの「海の幸が食べたい」というリクエストで
伊東~東伊豆方面にしたんです。
うぅ、やっぱり修善寺もいいですねー。
今度リベンジします!

「韮山反射炉」は知りませんでした。
何事もそうなんですが、世界的に珍しいものが身近にあるって
すごいことですよねぇ。
情報ありがとうございます♪

投稿: はるこ | 2007年3月26日 (月) 17:22

はるこさん

はるこさんちは東伊豆ですか~。
東伊豆もいいですよね。うちも、熱海からそのあたりも含め検討したのですが、今回は修善寺ということになりました。
こじんまりしててよかったですよ~。
いかにも東京から来たって感じの若者がいっぱいいました(^^;;
反射炉、私も知りませんでした。夫が知ってて「行ってみたい」というのでよってみたのです。
地味ですけどなかなか良くできた炉でしたよ~。

投稿: Ruby | 2007年4月 1日 (日) 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 華麗なる? | トップページ | 春の食材 »