« 修善寺温泉 | トップページ | レシピの保存と活用 »

春の食材

生協のカタログに、春の食材が頻繁に出るようになったので、いくつか頼んでみました。

よく考えてみれば、去年もおととしも、特に春だから、といってスーパーで特別な食材を買うこともなかったのですが、どういうわけか、カタログで見せられるとつい買ってしまうようです。

単に「今季初登場!」とか、「今季最終!」とかいう文句に踊らされているだけかもしれません。。。
( ̄▽ ̄;;

最近家でパソコンに向かう時間が細切れにしかとれず、写真を撮ってもなかなかアップできずにいましたが、ここらでまとめて。

Taranome1

Taranome2

たらの芽は王道のてんぷらにしてみました。祝・初揚げ物!少な目の油で揚げたので、後片付けもそれほど大変ではありませんでした。でもやっぱり多すぎると胃にもたれるなぁ・・・(苦笑)

Udo_sumiso

←うどの酢味噌あえ。

苦味がいかにも春、という感じですね。

お味噌、適当にあるもので作ってしまいましたが、ちゃんと白味噌とか用意すればよかったかな~。



Aomame

←グリーンピースご飯。もちろん生のものを使用。ただ、生協では既にむいたものしか手に入らず。本当はさやから出したてが一番風味がいいそうなので、さやつきで手に入るならそのほうがいいみたいですね。

『きょうの料理』でもち米を少し混ぜるレシピが出ていたのでそれで作ってみました。なかなかいい感じ。


Nanohana_karashi

先日菜の花を登場させましたが、再登場。

今回は王道の辛し和えです。

ゆでて冷凍しておいたものを使ったのですが、解凍がちょっと甘かったかなー。冷え冷えでした(^^;;;

毎日とはいきませんが、こうやって旬の食材を食べてみると、日本の食材の豊かさ、幅の広さに気づかされますね。

そうそう、ももさんが前回「スーパーで菜の花が高かったー」とコメントくださったので、先日スーパーに行った時見てみたら、確かに1束298円!うむむ、生協では198円だったので注文しましたが、298円だとちょっと躊躇しますね(貧乏性)。

|

« 修善寺温泉 | トップページ | レシピの保存と活用 »

コメント

食卓が春ですね!
ちょうど、先ほどスーパーで買物をしていたら、菜の花に似たブロッコリーの若芽(というのかな?)を売っていて、気分だけでも味わおうかと手を伸ばしたのですが、値段を見てやめたところでした。
だって、1束5ドル位するんですよ~(泣)

あと、↓修善寺、私達も昨年、行きました!
お茶を飲まれたのって、新井旅館さんじゃないですか?
私達もお庭を見ながら、一休みしましたよ。
文化財に選ばれるだけあって、すごく雰囲気のある佇まいだったなーって思い出しました。

投稿: Sammy | 2007年3月24日 (土) 06:09

こんにちは~♪
わ~春らしい食卓で素敵!!
うち全く今年は春らしい食材買ってないわ・・・。
やっぱり季節感を大事にした食事、心がけたいですよね。
うどとか生のグリンピースとか買ったことないので
今度Rubyさん見習って挑戦してみようかな~。
生協の宅配って受取とかどうしてるんですか?
私も実は興味はあるものの、帰る時間も不規則だし
どうやって受け取ればいいの?なんて思っちゃって。

投稿: fumi | 2007年3月25日 (日) 12:35

Sammyさん

5ドルの野菜・・・!
それは手を引っ込めるお気持ち分かります。
日持ちする調味料とかならともかく、お野菜ですもんね・・・
(^^;;

修善寺、熱海より地味(?)ですが、こじんまりしていていいところですね。
コーヒーは、新井旅館さんにも行きました。お庭が素敵ですよね。
生花のついたコーヒーは別のところでしたよ~。

fumiさん

私もスーパーで買い物するときはどうしても「いつもの食材」ばかりになってしまいます。
カタログ見てると、なんか通販ショッピングの気分であれもこれも、って・・・笑
生協、うちはパルシステムですけど、受取は玄関の外に置きっぱなし、です。
(私も帰宅は不規則です。)
オートロックですが、マンション内で他にも宅配をされているおうちが何件かあるようで、ほとんど毎週家のドア外まで持ってきてくれています。
冷蔵・冷凍品はドライアイスなどと一緒に届けられます。
地域ごとに違うみたいで、他の生協さんだと鍵をかけたりするところもあるようですが、神奈川のパルはそのままですね(^^;;
でも取られたりしたことはないです。

投稿: Ruby | 2007年3月25日 (日) 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 修善寺温泉 | トップページ | レシピの保存と活用 »