« 辛い! | トップページ | 石狩鍋 »

Billy Joel in 東京ドーム 2 Days

行ってきました。

Billy Joel "In Concert 2006" ツアー東京公演。11月28日、30日。

(今回はかなり自己満足な内容です・・・)

Billy_joel1

Billy_joel2

もう・・・言葉になりません。素晴らしい、感動のステージを見せてくれました!!

ビリーも随分太って髪の毛も薄くなって(ステージで自虐的ギャグ飛ばすし・笑)、ピアノを弾く指がドラえもんのようになって( ̄▽ ̄;; ・・・でも!!高音もちゃんと出ているし、ピアノも絶好調!この感動をなんと表現していいのやら・・・今週はもうビリーに浸っています(仕事が進まない笑)。

終わってから、いろんなサイトでライブに行かれた方の感想を読みまくっていますが、みなさん一様に感動した!泣いた!すごいものを見た!と興奮しまくってます。うんうん、わかるわかる。

私もこうして書いているだけでまた目頭が熱く・・・(/_;)でも、やっと少し落ち着いてきたので、レポ書けそうです。

今回は、ウドーの優先予約で、28日のチケットをゲット。なんと!アリーナ出ました、しかもBブロック8番!東京ドームであんなに前の席がとれたのは初めてです。夫もびっくりしていました。

夫は過去2回ビリーの来日公演に行ったそうですが、私は今回が初の生ビリー。高校時代にクラスメートがベスト版をダビングしてくれて、それをよく聴いてたなぁ・・・(遠い目)。モチロン、当時はカセットテープね。

正直、ビリー自身の単独ツアーは11年ぶりだし、8年前にエルトン・ジョンと一緒に来た時は観客の反応がイマイチだった、という話も聞くし、なによりこの8年のブランクの間にビリー本人にもいろいろあったし、ということで、不安はありました。高音出るのかな、体力あるのかな・・・と。

が、一曲目『Prelude / Angry Young Man』が始まった瞬間から不安は一気に吹っ飛びました。そしてそこから信じられない2時間20分が待っていました。

「久しぶりだね~~~来てくれてありがとう!前回は98年にエルトン・ジョンと一緒に来たんだよな~同じ場所(東京ドーム)で・・・音響も同じ・・・ア~ア~」などとビリー自身もとても楽しそうにMCをはさみ、前半はほとんど一曲ごとに「次の曲は○○年に出したアルバム△△からの曲です」なんて簡単な紹介をして、久しぶりの来日公演をリラックスして楽しんでいる様子が伝わってきました。

周りは『Honesty』あたりで一気に感動モードに突入。私、正直この曲CDで聞いている時には「なんか歌謡曲みたい・・・」と思っていたのですが、ライブで聴くとジーン。。。

しかし、私がググっと泣けたのは『Allentown』あたりからですかねぇ。『Allentown』は歌詞の内容も相まって涙腺が緩む・・・『She's Always A Woman』にも感動。

それにしても、音響の悪い東京ドームでも、さすがにアリーナBブロックくらいまで前だと、あんまり気になりませんね!(ていうか、曲に酔ってただけかも・・・)

後半はロック路線で『We Didn't Start The Fire』などを熱唱。マイクパフォーマンスも健在(ちょっと失敗したりしたけど、そこはご愛嬌。笑)。途中、ローディのオジサンにAC/DCの『Highway to Hell』を歌わせたり、ノリノリ(←死語)で、本編最後は『You May Be Right』で締め。

そして、アンコール1曲目が『Scenes From An Italian Restaurant』。ジーン。。。聴かせるなぁ(涙)。その後、ステージ上で引っ込むしぐさと戻るしぐさをしばらく繰り返してじらして(?)から、いよいよブルースハープを首に!『Piano Man』で感動の大合唱!!途中「♪... Pretty good crowd for a Saturday ...」の部分を「Pretty good crowd in Tokyo」なんてアドリブにするサービスの後、最後のコーラス部分では演奏を中断して会場の大合唱をビリー自身が聞いていました。あぁ・・・思い出しただけでまた感動の涙が・・・苦笑

そして、この感動が忘れられず、29日は一日ぼーっとビリーに浸りっぱなし。30日、いてもたってもいられず(?)当日券でもう一度行ってしまいました。もちろんアリーナなんてあるはずもなく、仕事終わってから行ったので2階席でしたが、これはこれでじっくり座って聴けてまたまた大感動(アリーナは近くて大興奮でしたが、最初から最後までオールスタンディングなので、足が疲れます(^^;;)。今回のツアーは、公演日ごとに演奏曲目も変わる、というようなウワサもありましたが、東京公演は28日のほうが1曲多くて、曲順が若干入れ替わっていた以外は両日ともほぼ同じだったかな?

もちろん、やらなかった曲で、聴きたかったな~というのが何曲もありますが、まあこの人の場合それを言い出すと2時間じゃ終わらない(^^;;

ほとんどの曲が70年代に書かれたものなんですが、やっぱりいいものは時代を超えて聴く人の心に響くんだな、と今回改めて思いました。盛り上がって興奮するライブはたくさんありますが、涙ぐんだのは初めてかも・・・

ありがとう、ビリー!これで最後なんて言わず、そして次は8年間なんて時間を空けず、また来てね!!

というわけで、今週は使い物にならない私でした。来週はちゃんと社会復帰しなきゃ・・・(^^;;

|

« 辛い! | トップページ | 石狩鍋 »

コメント

こんにちは♪
今日は旦那様のPCから書き込みです!
ビリージョエル2日連続ですか!?
凄いですね!!
でも素晴らしいステージだとまた行きたいって気持ちわかります。
本当に素晴らしかったんだな~って伝わってきますよ。
好きで好きでずーっと聴いていた時期もあったけれど
最近はほとんど聴く機会がなくって、すっかりライブ
行きたい熱も冷めちゃってた頃の来日。
あ~ばかばか。後悔。
やっぱり行けばよかったな、なんて。
「Piano Man」の大合唱に加わりたかったな~私も。

投稿: fumi | 2006年12月 2日 (土) 15:40

fumiさん

まあ~だんな様、すみません、ちょっとPCお借りします(^^;;

もう~~盛り上がるというか、ただギャーギャーと騒ぐだけでなく、
なんというか泣けるんですよ。あぅ涙腺ゆるくなったなぁ・・・
終わった後も『12 Gardens Live』の『Piano Man』聴いて涙が出る・・・( ̄▽ ̄;;
やっぱりそんじょそこらの歌手とは違いますね!!
声量も十分あったし、ピアノの早弾きも健在!
私もね、一時期それほど聴いてない時期もあったんですよ。
もちろん、聴けば「いいなぁ」とは思ってましたが、それほど聴きこんでもない、という時期が。
でも当たり前ですがCDとライブでは同じ曲でも全然、心への響き方が違いますね。
fumiさんも次回の来日公演(いつ来るか、って感じですが)では是非大合唱しましょう!
それまではライブ盤で予習です!!笑

投稿: Ruby | 2006年12月 3日 (日) 17:32

わー!!! いいな~。
高校生の時、音楽室で弾き語りの練習をしたのが懐かしい!!!
ピアノは完璧でも(自画自賛?)、あの歌声を再現することは出来ず(あたりまえ)
(おバカな高校生だな~)

このコンサート、実はもしかしたら行けるかも知れなかったの!
同じくアリーナ席で。でも、じゃんけんで負けたの!!!!
感動の嵐だったらしく、終わった後、感動メールがじゃんじゃん来てました。
なので、ちょっと自分も行った気分。。。。(笑)
でも、彼らの感想は、感動した!泣けた!ピアノやるー!!
という報告だけだったので、Rubyさんの詳細なレポートを拝見できて、嬉しい★
わたしも、当日狙えばよかったな~。。。。

いや~、朝から興奮しちゃったです♪

投稿: kero | 2006年12月 4日 (月) 09:08

きゃ~行ったんですね
わたしも行きたいって思って
大阪公演チケットあるかな~と思ってたところです
ネタバレになってもいいと思って読んで ちょっと興奮しましたよ
行ったつもりになりました

ビリージョエル こんなになっちゃったか~(笑)って
TVでちょっぴりガッカリしましたけど
声聴いて 全然いいや~んって思いましたもん
はじめて エルトンジョン見た時の衝撃に比べたら‥
ビリーはかっこいいです!!

投稿: きゅう | 2006年12月 4日 (月) 12:34


身体も心も全てで感じたコンサートだったんですね。
こんな体験めったに出来ないですよね。
ステキだわぁ。
ハートにビンビンくる感じ、好きです。
ふみさんといい、Rubyさんといい、羨ましいです!

投稿: くいしんぼう | 2006年12月 4日 (月) 18:20

大阪公演6日、明日に行ってきます♪
だからこの本文は読まずに・・・。
行ってから読みます(笑)

どんな服装して行こうか今悩んでますっっ。。。

行ったら、
また記事UPしますねぇ☆

投稿: Erica | 2006年12月 5日 (火) 10:14

keroさん

keroさんっっ!
なんと残念なことを・・・もう、当日券で二階席でも十分感動でしたよっっ
お友達の報告メールが短かったのは、
皆さん感動で言葉が見つからなかったからではないかと・・・
私は今でもまだ感動に浸っています。
keroさんも是非『12 Gardens Live』を聴いてこの感動を共有してください!!

投稿: Ruby | 2006年12月 5日 (火) 12:32

きゅうさん

きゅうさん、もしも、もしも、少しでも興味があって
行こうかどうしようか迷っていらっしゃるのなら、
是非是非かけつけてください!
当日券もたぶん出ます。
私のこんなつたないレポでは伝えきれない感動を味わえます。
海外の大物(?)来日コンサートは結構行っているほうだと思うのですが、
ほんと、こんなに感動するライブは初めてでした。
私も時間があれば大阪・福岡・名古屋も駆けつけたいくらいです。
ビリー、確かに外見はあらーって感じでいいオッサンですが(^^;;
ステージは最高、声も却って深みが出ていい感じでしたよ!

投稿: Ruby | 2006年12月 5日 (火) 12:38

くいしんぼうさん

もう・・・泣きました。マジで。
周りもみんな超感動モードで、こんなコンサートも珍しいです。
ビリーも大物なのにとっても気さくな感じのステージMCで、
まさに「気のいいアメリカのオッサン」って感じでますますファンになりました。
こんな体験はもう二度とないかもしれません。。。
そう思えるくらい素晴らしいライブでした!!

投稿: Ruby | 2006年12月 5日 (火) 12:41

Ericaさん

きゃーーーっ
6日の京セラドーム、行くのですね!!
なんか・・・Ericaさんのような若い人も聞きに行ってくれるんだ、と思うと
またジーンと感動です・・・(アホかあたしゃ)
やっぱりね、いいものはいいんですよね。
(ちなみに東京ドームの観客の年齢層は明らかに高かったです(^^;;
それはそれでいいんですが)
ネタバレ×とのことですが、『Piano Man』の予習だけはしてってくださいね!
Ericaさんの京セラドームレポ、楽しみにしています。
読んでまた感動して泣きそうだけど・・・(^^;;

投稿: Ruby | 2006年12月 5日 (火) 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 辛い! | トップページ | 石狩鍋 »