« 九州帰省 | トップページ | 日田その1・小鹿田焼の里 »

臼杵

さて大分帰省ですが、日田の前に臼杵(うすき)市の話です。

臼杵市は、大分市のすぐ隣で、臼杵石仏でも有名なところです。

大分市からすぐに行けるので、今回で2回目。前回は石仏を見る時間がなかったので、今回こそは、と意気込んで行きました。

臼杵は、古い町並みを保存していて、散歩するだけでもなかなか情緒があります。

Usuki1

ここの郷土食に「黄飯(おうはん)」というものがあります。文字通り、クチナシで色をつけた黄色いご飯です。実は今回臼杵を再訪したのも、夫がどうしてもこれを食べたいというのも一つの理由であったんです。

Usuki5Usuki4

まあお味は・・・普通のご飯でした(^-^;; でも定食に一緒についてきたゴマ豆腐が美味でした♪

黄飯をいただいたお店は、実はお味噌屋さん。味噌汁もおいしかったので、お味噌お買い上げ~

Usuki3

ここのところ1年以上、我が家の味噌汁のお味噌は、九州で買ってきたものばかり。特に銘柄は決めてないのですが、九州帰省の際に買ってきては使っています。麦味噌です。ちょうど使っているのがなくなりかけた頃に、タイミングよく帰省、というのが続いてまして(^^;;

←お味噌以外にも、お醤油やゆず胡椒など、それに味噌を使った加工品(鯛味噌など)いろいろ売っていました。定食に鯛味噌がでましたが、これもおいしかったです。つまみに最適(?)
さて、お腹を満たしたところで石仏へ・・・のつもりだったのですが、これまた夫が「行ってみたい」と思っていたという江戸時代のお屋敷がありまして、ここへ行くことになりました。レンタカーを止めた駐車場の目の前にあったので、目に入ってしまったようです・・・(苦笑)

Usuki2

←旧臼杵藩主稲葉家下屋敷。入り口です。ここは、十五代臼杵藩主稲葉久通(ひさみち)の長男順通(まさみち)氏が廃藩置県後帰郷した際の屋敷とするため明治35年に建てたもので、江戸時代の上級武家屋敷の様式をとどめているそうです。

Usuki6

←外堀には鯉なぞ泳いでいて優雅です。





お屋敷の中は、とにかく立派!広い!そしてこれだけ広くて風通しがよいと、ほとんど暑さを感じません。すばらしき哉日本家屋。お庭も立派。こんな家に住めたら・・・ため息が出そうです(掃除が大変そうだけど・・・)。

Usuki7

Usuki8

ゆっくりと稲葉さんのお宅(笑)を拝見しているうちに夕方に。

またしても臼杵石仏断念・・・orz

(いや、この後でどうしても別府まで戻って温泉に入りたかったの・・・汗)

臼杵石仏、次回こそ!三度目の正直狙います!

大分帰省、まだ続きます。

|

« 九州帰省 | トップページ | 日田その1・小鹿田焼の里 »

コメント

こんばんは。
はあーー街並みフェチにはたまらない光景…。
情緒あるすてきな町ですねー。
石仏残念でしたね~!!

私も今月京都に行くのですが、
庭園や町屋が楽しみです!

投稿: まっく | 2006年8月 3日 (木) 01:32

臼杵市…どこかで見かけた…と思ったら
会社で私の席の近くに掛かっているカレンダーの8月の写真が
そこの“大浜”の風景でした!!奇遇~☆
のどかな空気の、きれいなところですね。
真っ青な空と海と、昔ながらの漁港(かな?)の写真です。
いいところですね。

投稿: はるこ | 2006年8月 3日 (木) 17:56

凄く素敵な街並みですね。
お写真を拝見していて、大分に行ってみたくなりましたっ☆
ここ数年、そういう旅行していないので、今、ものすごく旅に出たい病です(苦笑)
結婚生活が落ち着いたら行きたいですっ♪

投稿: miyu | 2006年8月 4日 (金) 11:26

お返事遅くなってしまい、すみません。

まっくさん

まっくさん、街並みフェチなんですか?笑
うちの夫も「○○時代の面影を残す街並みを保存」とかいう言葉に弱くて、そういうところがあるとすぐに行こう!という話になります笑
京都もそういう意味ではたまらないでしょうね。
大分はもっと素朴というか、京都ほど洗練はされていませんが、のどかでいいですよ~。

はるこさん

まあ。奇遇とはまさにこのこと。
大浜ですか…ちょっと分かりませんが、海辺のほうですかね~?
九州は、ほんとワンダーランドって感じで楽しいです。
はるこさんも是非ご旅行してください。
遠いのが難点ですけどね・・・

miyuさん

その昔九州といえば新婚旅行の定番・・・笑
って新婚旅行はともかくとして、こういうのんびりしたところっていいですよね。
なんかまったりしてました。
大分は温泉天国なので、miyuさんの挙式の後、涼しくなってからはいいですよ~!!
是非是非「湯の国」を体験してください♪
(回し者みたい笑)

投稿: Ruby | 2006年8月 6日 (日) 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九州帰省 | トップページ | 日田その1・小鹿田焼の里 »