« 『ANGELS & DEMONS』 | トップページ | Beatlemania!・その1 »

卵料理の思い出

急に雨が降ったり、晴れたと思ったら蒸し暑くなったり、なんだかもう不快指数200%て感じのここ数日の関東地方ですが、ほんとに暑いですね。

先日きゅうさんのブログで鶏そぼろを見ておいしそ~と思っていたんですが、そぼろって「包丁とまな板を使わずに作れる料理だ!」ということに今更気付き(遅っ)今日はそぼろご飯にしてみました。

作ることの簡単さもさることながら、片付けが少ない、というのも簡単料理の重要なポイントですよね~~

Soboro

今日の晩ご飯
・鶏そぼろ
・炒り卵
・かぼちゃの煮物(残り物)
・切り干し大根(残り物)

卵はやめようかな~めんどくさいし、と一瞬思ったんですが、今日はちょっと心の余裕があった(珍しい!)のでやっぱり作ってみました。

相変わらず写真が黄色い・・・

ところで炒り卵といえば、思い出す出来事があります。

あれは小学生の頃。学年は忘れてしまいましたが、調理実習があったので高学年になっていたと思います。

その日の家庭科の授業は調理実習。メニューはサンドイッチでした。

何人かずつのグループに別れて、いざ調理開始。私のグループにはYちゃんがいました。

彼女は、性格も明るく、ハキハキした子で、運動神経もいいし、勉強の成績もいいし、しっかりモノ。彼女が卵は私に任せて!!と自信たっぷりに言うので、私たちも安心して他の具の準備に取り掛かりました。

この時点で疑問を感じた人、ゼロ。

みなさん、サンドイッチ用の具で卵、といえば何(どういう調理法)を思い浮かべますか?ハイ、今ならゆで卵にしてマヨネーズであえて、という人が多いと思いますが、そこは小学生。そこまで高度な、手順の多いものは作れません。それに、もう20年以上前の話ですし、田舎の小学生だったので、そんなハイカラ(?笑)なことを考える子はほとんどいなかったと思います。

しかし、あくまでも「サンドイッチ」ですから、「パンの間に挟みやすい形状」もっというと「パンの間に挟んで食べやすい形状」を考えますよね?

さて、みんなでサンドイッチを作っている間も、Yちゃんは着々と卵の準備をしていました。今思うと不思議なんですが、みんな彼女を信頼していたんですね、誰一人として彼女の行動を気にする人はいませんでした。そして、彼女も卵の準備に没頭するあまり、私たちとは完全別行動(?)で取り組んでいました。

そして・・・

卵できたよー」とニコニコしながらYちゃん。

我々がそこで見たものは

炒り卵 ( ´▽`)ノ

しかも、見事なまでにパラパラ (たぶん今日の私のより上手だったと思う)

この日の課題が炒り卵だったら、二重丸どころか花丸、100点満点にボーナス、くらいの立派な炒り卵。

みんな「えっ・・・炒り卵、なの?・・・・・」( ゚o゚)

・・・これパンに挟んでもポロポロ崩れるじゃん・・・

・・・どうやって食うんだよ・・・

という他のメンバーの視線に気付いたYちゃん、「あっ・・・」と言って「ごめん・・・」と最初の自信はどこへやら。

みんな「卵焼き」をイメージしてたんですね。私もそうでした。当時、家で親が作ってくれたサンドイッチも、卵は「卵焼き」だったので、そういうもんだと思ってたし、第一、サンドイッチにパラパラの炒り卵って、食べにくいじゃないですか。スクランブルエッグくらいならまだ良かったんですが・・・

当然、私たちのグループメンバーは、卵に大変苦労しながら食べました。(^^;;

今思えば、Yちゃんはきっと、覚えたばかりの炒り卵をみんなの前で作りたかったんでしょうね。でも周りの私たちも子供だから、気を遣う、とかそういう感覚はないので、はっきり言っちゃった&顔に出しちゃったんですね。

Yちゃん、今頃どうしてるかな~元気かな~。なんか既に母親になったとか聞いたような気がしますが、炒り卵のサンドイッチ、作ってたりするのかな(まさかね)。

|

« 『ANGELS & DEMONS』 | トップページ | Beatlemania!・その1 »

コメント

鶏そぼろおいしそうですね^-^
私もきゅうさんの記事を見て、作ってみようかなぁ~って思ってました。(まだ作れてませんが…)
炒り卵の思い出。
食べるのに苦労するほど完璧な炒り卵。
せっかくうまく作れたのに残念でしたね(:_;)
Yさんが作るのをやめずにいてくれたらいいなと思います^-^

写真、私もよく黄色くなります…
うちの食卓の電気が黄色っぽいので。
デジカメならホワイトバランスでだいぶ変わりますよ^-^
私も設定するのを忘れて撮りなおすことが多いです。

投稿: koeda | 2006年8月18日 (金) 14:08

炒り卵って、きれいにぱらぱらにするのって意外と難しいですものね。彼女はうまくできるようになって、みんなに食べさせたくて仕方なかったのでしょうね(笑)

その彼女も、Rubyさんのように、卵を見るたびに炒り卵事件(?)を思い出したりするのでしょうかね。意外と本人はケロっと忘れていたりするかしら(笑)

投稿: さくら | 2006年8月18日 (金) 14:50

読んでいて、私もまさか要り卵だとは思いませんでした。
ゆで卵か生卵かなって思ったくらいです。
生卵だったら相当ヤバイなと思っていました。
(≧∇≦)ブハハハ!
まだ火が通っていて良かったです(笑)

投稿: りっつん | 2006年8月18日 (金) 17:38

このお話読んでいて、中学時代の友人のお昼ごはんを思い出しました!
彼女も、運動神経も勉強の成績もいいし、明るくてさばさばしているので人気があった子でした。

ある日、彼女が卵サンドを持ってきたのですが、
パンは5枚切りくらいの厚さ、
中に挟まっているのは、いり卵をマヨネーズとケチャップであえたもの!

彼女は、
「自分で作ったのー。おいしいよー♪」
と言って食べてましたが、卵サンドのイメージが一新される出来事でした!!

もしかしたら、Rubyさんの友達の方も、
お家では、いり卵で卵サンド、してたのかもしれないですよ~(笑)

投稿: Sammy | 2006年8月20日 (日) 12:34

かわいい思い出話ですね(^^)
でも小学生でいり卵をパラパラに作れるのって
けっこうな腕の持ち主ですな。妙なところで感心(笑)

ところで鶏そぼろ、わたしもきゅうさんのを拝見して
「おいしそ~」って思い、作ったんですよ~。
最近カロリーオーバーの主人のため豆腐入りでヘルシーにしてみました!
美味しいですよね~そぼろ。七味をかけてもなかなかいけましたよ☆

投稿: noriko | 2006年8月20日 (日) 23:14

Rubyさん、こんにちは。

えーっ、私は炒り卵、考えちゃいます。
炒り卵がマヨネーズであえてあって
サンドウィッチにはさんであるのって好きです。
まあ、ぱらぱらはやりすぎかもしれないけどね。
逆に卵焼きのサンドウィッチってよくわかりません。
調理実習って「自分ちの常識」が通用しないことに
ショックを覚えたりする時間だったなあ。
私は卵焼きをつくるときにフライパンの上で
卵をかきまわしてビックリされました。
巻いて作る方法は知らなかったんです。
うちの母はかき回して寄せて焼いていました。
今思い返してもドキドキしちゃいます。
そのYちゃんもきっと覚えているんじゃないかな?

投稿: みゆき | 2006年8月21日 (月) 12:12

小学生の頃の調理実習って、何かしら面白エピソードが残っていますよね♪

そうそう、実家の卵サンドは2パターンありました。
母作だと ゆで卵をつぶしてマヨネーズと和えたもの、
父作だと オムレツ(具なし)にケチャップで味付けしたもの
でした。
こう考えると卵って、焼き方や味付けでまったく別物になりますねー。

投稿: はるこ | 2006年8月21日 (月) 17:14

コメントくださった皆様、ありがとうございました。
お返事が遅くなりましてすみません。

koedaさん

炒り卵、ほんとにそのものとしてだったらものすごいよい出来だったんですけどね。
残念(?)
>写真
アドバイスありがとうございます!そうなんです、うちも食卓のライトが電球色の蛍光灯なもので…
いつもご飯は携帯のカメラで撮っているのでこんな感じになってしまいます。

さくらさん

どうでしょう・・・本人は忘れてるんじゃないかなぁ笑
そうですねー彼女としては「上手にできた!!」って嬉しかったんだと思います。
サンドイッチの具でなければね…(^^;;

投稿: Ruby 1 | 2006年8月22日 (火) 02:03

りっつんさん

ねー!ちょっとびっくりですよね。
でも、確かに生卵でなくて良かったかも!?笑
ほんと、今となってはいい思い出です。

Sammyさん

ほっほー。そのお友達はケチャップとマヨネーズで和えた炒り卵でしたかー。
それも、ホットドッグとかだったら雰囲気出たかもしれませんねぇ。
そっか、彼女の家ではそうだったのかなー。
みんなにびっくりされて、彼女もびっくりしていたのかも!?

投稿: Ruby 2 | 2006年8月22日 (火) 02:06

norikoさん

そうそう、炒り卵そのものは難しいし、よく作ったな、って今なら思えるんですけど…(^^;;
七味!!あいそう!
残った分冷凍してあるので、次回やってみます!
ありがとうございます♪

みゆきさん

おおっ
みゆきさんは炒り卵派ですか。
半熟くらいでマヨネーズと和えて、とかだったらまた違った雰囲気になるかもしれませんね。
卵焼きのサンドイッチは、もうほんと、まさにそのまんま、卵焼きを薄く作ってパンに挟むだけです笑
甘くて美味しかったですよ。
確かに、「ウチの常識」が通じなかったりすると、小さい頃はびっくりしましたよね。

はるこさん

わーはるこさんちはお父様とお母様で具の準備方法が違ったのですね!
それも楽しいですね。
お父様はケチャップつきですかぁ。
うちはケチャップじゃなかったような…砂糖で甘く味付けしたものだったような気がします。
卵サンドって、そう考えるとおもしろいですねぇ。

投稿: Ruby 3 | 2006年8月22日 (火) 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ANGELS & DEMONS』 | トップページ | Beatlemania!・その1 »