« 臼杵 | トップページ | 日田その2・天ヶ瀬温泉 »

日田その1・小鹿田焼の里

九州の帰省の様子をアップする、とか言っておきながら滞っておりますが、先週久々に夏風邪にやられてダウンしておりました。一応病院に行ってみてもらいましたが、とりあえずインフルエンザではないということで一安心。今は熱もひいて、食欲も戻った(戻りすぎ)のですが、まだ咳とのどの痛みに苦しんでおります。

Hita_stationさて、今回のメインイベントである法事を終えた翌日、一路日田へ。大分駅から久大線の特急に乗ります。

この日は昼間に、小鹿田焼の里を訪ねてみることにしました。

元々私が小鹿田焼に興味を持ったのは、料理研究家の辰巳芳子さんがプロデュースしたすり鉢、というのが目に留まったからです。「NHKきょうの料理」だったかな?それで、その小鹿田、というのが大分県にある、ということで覚えていました。

いつもブログで仲良くしていただいているきゅうさんから、事前に少し現地情報を頂き(どうもありがとうございました、とっても助かりました!)、レンタカーを借りようかどうしようか迷ったのですが、インターネットでバスの時間なども調べられたので、結局バスで行くことに。

日田駅前からバスに揺られること約40分。

Onta4

Onta2

とても静かで、のどかないいところです。日曜の昼時でしたが、この日はそれほど訪れる人も多くなく、本当にの~んびりしたところでした。

唐臼(からうす)が陶土をついています。動かしているのは集落を流れる谷川の水。

Onta1

Onta5

Onta8成型した器を天日に干している光景も。







釜の様子。

Onta2_1

Onta3

Onta7陶土??

10件の窯元が一つ一つ手作りで作業している様子が、それぞれから伝わってきます。

ここは開窯以来300有余年にわたって伝統の技法を受け継いでおり、平成7年に国の重要無形文化財保持団体の指定を受けているそうです。

Onta6

各窯元の作業場の隣には即売所もあって、購入することもできます。お土産品のお店のようにディスプレイしているところもあれば、本当に軒先にざっと並べただけのところもあり、スタイルは様々ですが、基本的には小鹿田では各作品に個人の名前を冠するのではなく、あくまでも「小鹿田焼」として統一したブランドで出しているそうです(ガイドブックより)。もちろん、日田市内や大分市内でも小鹿田焼が買えるお店はありますが、窯元でなら掘り出し物を見つけるような感覚で楽しめそうです。

私たちが行った日も、家族連れが湯飲み茶碗を吟味していました。

今回は時間があまりなく、約1時間半程度の滞在だったのが返す返すも残念。次はもっと時間に余裕を持って訪れてみたいなぁと思いました。

ちなみに、辰巳芳子さんのすり鉢、ニコタマのお店には8月下旬に入荷、と言われています。そろそろお店に様子を見に行って来ようっと・・・。

|

« 臼杵 | トップページ | 日田その2・天ヶ瀬温泉 »

コメント

Rubyさん ありがとうございます
わたしの里に Rubyさん夫妻が 訪れてくれたなんて‥
嬉しいやら 恥ずかしいやら
せまいところなので写真がすべてどこなのかわかります
バスも の~んびりだったでしょ??
小鹿田に行くと時間までゆっくり流れているようです
唐臼の音も大好きです

それから 辰巳芳子さんのすり鉢は
わたしのハトコが作っているオリジナル商品です
8月の窯入れ やっとしたばかりと話してましたから
いい作品 出来てたらいいですね
Rubyさんのキッチンで使われることになるのかな??
嬉しいな~♪

投稿: きゅう | 2006年8月 7日 (月) 09:03

小鹿田、いいところですねー。
写真を見ているだけでも のんびりとした和やかな空気が
伝わってくるようです。
唐臼、あぁ!きゅうさんのところで拝見した写真と一緒!
(当たり前ですが。笑)
いいなー♪
私も九州に行くときには、きっと目的地の一つに小鹿田を入れておきます。

投稿: はるこ | 2006年8月 7日 (月) 10:42

きゅうさん

とってもいいところでした、小鹿田・皿山。
最初はどちらかというと、私が行きたがってて、夫は行ってもいいよ~くらいだったのですが、行ってみたら夫も結構気に入ったみたいでした。
いつか民陶祭にも行けたらいいなー。
>すり鉢
ええっ( ゚o゚)
そうだったんですか!そうとはつゆ知らず・・・
早速地元近くのお店に行ってみます!

はるこさん

そうそう、私も今回行く前に予習ってことで、きゅうさんのブログでお写真見せていただいて、実際行ってみて「ああ!同じだ!」って思いましたよ。
すごくこじんまりした窯元の集落で、ほんとに余計な雑音とかしないし、秘境、とまでは言わないにしても、とてものんびりできるところでした。
はるこさんも是非一度訪れてみてください♪

投稿: Ruby | 2006年8月 8日 (火) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 臼杵 | トップページ | 日田その2・天ヶ瀬温泉 »