« Beatlemania!・その2 | トップページ | 人は大事 »

Beatlemania!・その3

ビートルズ来日時の東京ヒルトン(現・キャピトル東急)でのシーンといえば、記者会見。これは「紅真珠の間」という宴会場で行われました。

この「紅真珠の間」、名前の通り、300万粒以上の真珠を使ったシャンデリアが飾られた重厚な雰囲気の宴会場です。

Pink_pearl1まさかこの宴会場まで見せてもらえるとはおもっていなかったのですが、チェックインの時にもらった冊子に「見学をご希望の方はクロークまでお申し付けください」と書いてあるではありませんか…!

これはもう、見ないわけにはいかないでしょう(^^;;

しかし、土日だったため、結婚式でもやってるんじゃないのかな?と心配したのですが、この週末はなかったようです。

クロークのおじさんに「あの…真珠の間を見せていただきたいんですが…」とおそるおそる言ったところ、「あ、ハイハイどうぞ」てな感じでアッサリ中に入れてくれました(^^;;

たぶん、毎日見せてくれ、ていう人が来るんだと思います。2人で並んだ写真も撮ってくれたうえ、ごゆっくりどうぞ、と言ってくれました。

Pink_pearl3

←これがその膨大な真珠を使ったシャンデリア。当時のままだそうですよ!










Press_conference_then

←当時の記者会見の様子(手持ちの写真集より)。

ちなみに、あまり詳しくない方の為に(^^;;、左の大きい写真は、左から

ポール、ジョン、リンゴ、ジョージ

みんな若いなぁ…(当たり前だ)

この会見場は今…











Pink_pearl2

←そのまんま残っています。

背景のボコボコした壁は金色でした。









Pink_pearl4

←ステージから。メンバーが見たであろう部屋の様子。当時216人の記者が駆けつけ、厳重な警備体制の中で記者会見が行われました。









その他駐車場も探検(この辺から既にミーハーの域に入っています。すみません…)

Parking1

キャピトル東急の駐車場入り口。

この入り口、ほんとに当時のまま!写真と見比べると結構笑ってしまいます。

ここからビートルズのメンバーを乗せたキャデラックが駐車場に入っていったんですねぇ…(感慨)





Parking2

←ビートルズが車を降りたあたり(感慨)。

いや、別にただの駐車スポットです……

ええ、ええ、分かってます。ただのミーハーです……







Parking3

←当時、混乱を避けるため、メンバーたちは従業員用出入り口や従業員専用エレベータなどを使って部屋まで行ったそうです。

ちなみに彼らが宿泊したプレジデンシャルスイートは10階、10階はビートルズ貸切で、一般のエレベータは9階までしか行かないように設定されたとのこと。

その他、彼らがフラッと入っていった「スターヒル」という地下のバー(なんとそこでジョンとポールが演奏もしたらしい!!)は今は「星が岡」という中華料理レストランになっています。

しかし、今回改めてビートルズ来日時の軌跡(大げさですが)を追ってみて思いましたが、当時は本当に「幸せな時代」だったのだなぁということ。

今も、ビートルズと同じように人気を博すアイドルやアーティストもたくさんいますし、楽器演奏の技術ではもっと上手な人もたくさんいます。そんな中、ビートルズがここまでの伝説となった背景には、やはり「時代」があったのだと思います。個々人の嗜好が多様化し、情報発信の方法も内容も昔とは比べ物にならないくらい充実した現代では、もうビートルズのようなアイドルを生み出すことは不可能でしょう。仕方のないことではありますが、寂しい気もします。

参考・ビートルズ武道館公演(1966年6月30日~7月2日、計5回公演)プログラム

1. Rock'n Roll Music
2. She's a Woman
3. If I Needed Someone
4. Day Tripper
5. Baby's In Black
6. I Feel Fine
7. Yesterday
8. I Wanna Be Your Man
9. Nowhere Man
10. Paperback Writer
11. I'm Down

この記事を書いている途中で知りましたが、今回のこの「ビートルマニア宿泊プラン」、発売後15分で完売したそうです。…私むちゃくちゃラッキーだったみたい?

|

« Beatlemania!・その2 | トップページ | 人は大事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Beatlemania!・その2 | トップページ | 人は大事 »