« 再訪 | トップページ | 卵料理の思い出 »

『ANGELS & DEMONS』

お盆なので(?)久々に読書日記です(^^*

Angels_and_demons

『ANGELS & DEMONS』
Dan Brown
(邦訳『天使と悪魔』ダン・ブラウン著)

米・ハーバード大学教授で象徴学者(Symbologist)のロバート・ラングドンは、ある朝突然スイスの科学研究機関CERNのDirector、Max Kohlerより電話を受ける。ある物理学者が何者かに殺され、死体の胸には「イルミナティ」(Illuminati)の文字が焼き付けれていた。それは現代には存在しないとされている歴史上の科学者の秘密結社だった。

CERNに呼び出されたラングドンは、殺された物理学者が、娘との共同研究により「反物質(antimatter)」を発見したことを知らされる。そしてこの物質は、既に何者かによってバチカン市国に持ち込まれていた。今日の夜中0時までに反物質を取り戻さない限り、この反物質は、ほんの一滴ほどの量でバチカン市国を吹き飛ばしてしまうほどの破壊力を持つのだ。

一方、バチカン市国では、前法王の死去を受け、法王選挙(コンクラーベ)が始まろうとしてた・・・

---

『Da Vinci Code』で一躍ベストセラー作家となったDan Brown氏の、ロバート・ラングドンもの第一作です。そうです、『Da Vinci Code』よりこちらのほうが先に書かれているんです。迫るタイムリミット、史実を追いかけながらの謎解き、美しい女性の存在、などなど、ほとんどの設定が『Da Vinci Code』に引き継がれています。

謎解き、という意味では、こちらのほうが分かりやすいかも?(複雑な聖書の知識等なくても読めるので)ですが、このサスペンスの裏にある大きなテーマが「宗教vs.科学」という、非常に物議をかもす内容であるため、読みながらこの辺りを考えていくと、なかなか読み応えがあります(もちろん、中立的な立場で普通にサスペンスとして読んでもおもしろいですが)。

結末は、壮大といえば壮大、安易といえば安易、という感じです。この辺は読む人の感じ方によって変わってくると思います。

ローマ・バチカン市国にある有名な教会や大聖堂が舞台になっていますので、行ったことのある人なら、そういう面でも楽しめると思います。私はローマ・バチカンに行ったことがなく、文字だけでは絵的なイメージがわかなったのでイタリア旅行ガイドに載っているローマの地図や写真などを見ながら読みました。

『Da Vinci Code』を面白いと思った人は、こちらも読んでみるといいかもしれません。

|

« 再訪 | トップページ | 卵料理の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再訪 | トップページ | 卵料理の思い出 »