« 【タイ旅行記・4】2日目・バンコクその2 | トップページ | 【タイ旅行記・6】4日目・チャンタブリその1 »

【タイ旅行記・5】3日目・バンコク→チャンタブリへ

この日は昼間バンコクを楽しんで、夜友人の住む街チャンタブリへと移動します。

■朝から・・・
先のホテルレポで、ホテルにプールがある、と書きましたが、実は滞在中まだプールに入っていなかった私たち。友人は準備よく水着持参。私は持ってきてない・・・でも、せっかくリゾートホテルに来たのだから、ということで、この日の早朝(!)プールに入ってみました。

水着は前日バンコク市内の路上(笑)で購入。もちろん外国のリゾートでしか着られないようなヤツです(爆)。お店のお兄ちゃんと価格交渉してくれたのは友人。ありがと・・・(^^;;;

Marriott_poolside実は友人は私と違って早起きさん。朝6時半にたたき起こされ(?)寝ぼけ眼の私はフラフラしながら水着に着替え、プールへ。

貸切かと思いきや、韓国系?と思われるおば様たちが既に優雅に泳いでいらっしゃいました。

何を隠そう・・・私、泳げません(爆)。中学生の頃50mプールで死にそうな思いをして平泳ぎで50m泳いだのが精一杯。幸い、高校はプールのない学校だったので、「泳ぐ」なんて中学以来!何年ぶりだ?数えられません爆。

おそるおそる入水・・・ここのプールはもちろん50mもないんですが(たぶん25mもなかったと思う)、片道泳いだら、もう既にアップアップ。息が上がっちゃってもうどうにもならないという・・・しかも、ここのプール、深さが一定ではなく、底が斜めになっていたんです。私の前を泳いでいた友人が、途中で足を着こうとして「うわっ」といっているのを見て青ざめた私。これはもう必死で反対側までたどり着くしかありません!プールで溺れた、なんてシャレにもならないので、必死で泳ぎましたよ…おかげで、片道泳いだだけでもうダウン。どこまで運動不足なんだ、私。

■買い物
ヘトヘトになった後ゆっくり朝ごはんを食べて、チェックアウト。この日は先に買い物を済ませ、午後はスパの予定です。

ホテルが市内から離れているので、荷物を預けてしまうと後で戻るのが大変…ということで、スパに電話をして荷物を預かってもらうことに。助かりました。

買い物は、日本からの買い付けの人もやってくる、というところ(名前忘れちゃった…)で、なんか韓国・ソウルの東大門市場みたいな感じ?確かに安くてリゾートっぽい洋服がたくさん!でも、こういう時って「目がリゾートになっちゃってる」(by友人)ので、ここで「かわいいー」と思って買っても日本に帰ると「これは着られない…」っていうことがままあるんですよね(^^;;

私はここでは結局何も買わなかったのですが、友人はコットンパンツを2本買っていました。1本200バーツ(約600円)くらいだっけ。安かった!確かに縫い目が曲がってる(^^;;とかあるんだけど、履いてりゃわからない、っていう程度。きっとユ○○ロでは検査にひっかかるんだろうな…

■フードコート
その後、友人が「バンコクで買出しをしたい」というので、大きめのスーパーへ。いわゆるカルフールみたいなつくりになっていて、広いです。ここで友人の買出しの後、上階にあるフードコートへ。

ここのフードコートは最近できたものらしく(後でガイドブックで知った)、新しくてきれいでした。前日はパッタイ(焼そば=汁なし)を食べたので、今日は汁そばを食べることにしました。

Naam屋台での麺類の注文の仕方は、「麺の種類を選ぶ」→「汁あり(ナーム)か汁なし(ヘーン)を選ぶ」→「具(トッピング)を選ぶ」という感じなんですが、 ここのフードコートでもほぼ似たようなシステムになっています。

ここでは米麺(太め)汁ありのポーク、を注文したんですが、麺にのっているこの大きな塊・・・

私「こんなの頼んでないけど、コレ何?」
友人「ああ、それ血の塊

∑( ̄□ ̄!!

友人によると、タイでは結構普通についてくるもの(!)だそうです。血の塊って・・・汗。食べなくてもいいんだよね?(^^;;と思わずビビる私。もちろんいいよ、ということだったので、残してしまいました。スミマセン。その他の麺や汁や野菜や豚肉はおいしかったですよ…

■スパへ
そして待望のスパへ。こちらは全室個室でシャワーもついています。最初に好きな香りを選ばせてくれます。私はカモミール(だったと思う汗)を選び、個室へ。

紙のパンツだけに着替えて、マッサージ。あ~~やっぱりこってるわ・・・いい香りに癒されます。音楽も癒し系。

・・・すみません、その後覚えていません。気持ちよすぎて眠ってしまったので。

最後のタイ式マッサージで体を起こされるまで、ウトウト、というよりぐっすり・・・(^^;; 最後はお約束のバリバリ、バリバリ、で終了。これで2000バーツ(約6000円)ちょっとでした。安い!安いよ!!もちろん現地での感覚からしたらものすごい贅沢なんだろうけど・・・。友人は、「今度母親が来た時にプレゼントしようかな」と言っていました。確かに、そういうのにちょうどいい感じでしたよ。

■そして夜のバスでチャンタブリへ
そしていよいよバンコクともお別れ、彼女の住むチャンタブリへ向かいます。バンコクの東バスターミナル(エカマイ)からバスで約4時間。結構な長旅ですが、バスが意外に(失礼!)きれいで、快適でした。先に行ったスーパーで、バスの中でのおやつに、と買ったアンチョビを炒めて甘辛の味をつけたスナック(意味分かります?)をバリバリ食べてしまう私。おいしかったんだもの…

そしてチャンタブリに着いたのは夜も10時頃。疲れた…チャンタブリのバス停で軽く夕ご飯を食べ、彼女の家に着きました。お邪魔しま~す。彼女のアメリカ人パートナー氏とかわいいネコちゃん2匹が出迎えてくれました。

続く。

|

« 【タイ旅行記・4】2日目・バンコクその2 | トップページ | 【タイ旅行記・6】4日目・チャンタブリその1 »

コメント

朝から満喫☆ですね~。
気になるところがたくさんありましたが、
やっぱり“血の塊”!!!
どうして、これがスタンダードなトッピングなんでしょうね...。味とか、食感とか、想像しちゃったり・・・。(汗)
鉄分豊富で、栄養がありそうだけど、でも、ちょっと考えちゃいますね。

投稿: Sammy | 2006年6月 4日 (日) 10:30

充実したたびですねーー★
リゾートホテルのプールって何でいきなり深くなったり浅くなったりするんでしょ?わたしも
経験ありますよおーー★

そうそう、血の塊にはびっくりです!
普通に入ってるなんて・・・。
昔スペイン料理屋に血の腸詰がおいてあって食べた記憶がありますが、かなりびくびくしましたーー。

チャンタブリの報告も楽しみです♪

投稿: まっく | 2006年6月 4日 (日) 13:44

こんにちは。
私も運動不足だから、中ほどで疲れちゃって・・・なのに、プール中ほどでいきなりズボッて穴に落ちたかんじでしたよ。真ん中であんなに深いのか!?ってくらい。
反対側の端はさらに深かったねえ。

アンチョビのお菓子気に入ってたねえ。残ってたのみたら、コブミカンの葉っぱと唐辛子のみだったわ。葉っぱ美味しいけど、やっぱり一緒に食べたほうがいいってことがわかりました。www

投稿: em | 2006年6月 4日 (日) 17:57

こんばんわ~♪
血の塊すごーーい!!これ驚きますよね!!お友達の”それがなにか?”風な答えが笑えます(爆)スパいいですね~!!日本ではセレブしか行けないって感じなんでしょうけどタイでは6000円・・・。あ~私もやってくればよかったかもー。

投稿: fumi | 2006年6月 4日 (日) 21:24

Sammyさん

そうなんですよ、なぜ血の塊が……
栄養あるんですかねぇ?
確かに、鉄分とか?でもなんか私は怖くて食べられませんでしたよ(^^;;
小心者……

まっくさん

血の腸詰、食べたんですか!?
すごっ。どうでした?
なんか私は怖くて全然手が出ませんでしたヨ汗

旅行記まだまだ続きます。よろしければお付き合いください(^^ヾ

投稿: Ruby 1 | 2006年6月 6日 (火) 01:37

emちゃん

あ、ごめん・・・コブミカンの葉はあなた用にとっておこうかと思ったんだけど…(と言い訳汗)
うんでも、あれはおいしかった!
プールはびっくりしたねぇ。私が先に泳いでいたら、間違いなく溺れてましたorz

fumiさん

タイでスパに行かなかったんですか!?!?
タイはスパ天国でしたよぉ。
現地の金銭感覚に慣れちゃうと、ちょっと…って思っちゃうんですが、日本で行くことを考えれば激安!
次回は是非♪

投稿: Ruby 2 | 2006年6月 6日 (火) 01:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【タイ旅行記・4】2日目・バンコクその2 | トップページ | 【タイ旅行記・6】4日目・チャンタブリその1 »