« 朝焼けと赤ワイン&ベリーパン | トップページ | もちもちメープル蒸しパン »

小川洋子新刊2作

最近、「本を買った」話ばかりだったので、久々に「読んだ」話を(笑)。

小川洋子氏の4月の新刊2冊です。

Minano_koshin『ミーナの行進』
小川洋子 著
中央公論社 刊

幼くして父を亡くし、岡山で母と一緒に暮らす私(朋子)。1972年、中学に上がる年、母が洋裁の技術をアップさせるために東京の専門学校で1年間学ぶことになったため、1年だけ芦屋に住む伯母の家に預けられることになる。芦屋の家には、伯母と、ドイツ人のハーフである夫(私の伯父さん)、ドイツ人のローザおばあさん(伯父さんの母)、小学校6年生の娘ミーナ、使用人の小林さんとお手伝いの米田さんが暮らしている。伯父さんは父親の飲料会社を引き継いだ二代目社長で、車はベンツ、屋敷は以前「動物園があった」というくらいの広い庭を持つ洋館だ。伯母一家は私を温かく迎え入れ、私は、スイスの学校に留学中の息子の部屋を与えられてミーナともすぐに仲良くなった。ミーナは喘息もちで、家にこもりがちだが、本や物語をこよなく愛する、美しい少女だった。仕事で不在がちの伯父さん、家を仕切り、ローザおばあさんとは「まるで双子のよう」な米田さん、頼りになる小林さんらに囲まれ、私の忘れられない1年間が始まった・・・

---

小川洋子さんの久々の長編新作です。心温まる作品に仕上がっています。そういう意味では『博士の愛した数式』と同じ路線かもしれません。岡山とか芦屋とか、彼女の身近な、実在する場所が舞台になっているせいか、または、登場人物に具体的な名前が与えられているからか(彼女の作品では、登場人物の名前が明かされなかったり、イニシャルだけだったりするものも多い)、時として、読んでいて、自分も「芦屋の洋館」に住んでいるような錯覚を起こすほどのリアルさがあります。また、時代背景も、たぶん彼女の生まれ育った時代をそのまま反映していると思われ、物語全体を通して、彼女の思い入れの強さのようなものを感じました。ミーナの空想壁は、そのまま小川さん自身の空想壁だったのではないか、という気がします。

またこれも映画化されたりして・・・(んなことはないか・笑)。

~~~~~~~~~~

Otogibanashino_wasuremono

『おとぎ話の忘れ物』
小川洋子/文
樋上公実子/絵
集英社

「いらっしゃいませ。こちらは『忘れ物図書室』です」・・・

そこは、世界各地から集められた、「出版されずに捨てられた物語」を集めた図書館だった・・・

---

樋上公実子さんの絵に小川洋子氏が物語をつける、という形で書かれた物語集。それぞれに、誰もが知っている有名なおとぎ話のモチーフ、例えば「赤ずきん」だったり、「アリス」だったり、「人魚」だったり、「白鳥」だったり、を用いて、それらを彷彿とさせつつも、作者独自の世界を展開しています。小川さんの作品は、「ストーリーを読ませる」ものと「現実と夢の間を行き来しているような」ものの2タイプがありますが、『博士~』や『ミーナの行進』は前者で、こちらは間違いなく後者。後者の作品は、時として(良い意味で)グロテスクさを含む場合が多いのですが、この作品は彼女自身がそのグロテクスさを楽しんでいるように思えました。

|

« 朝焼けと赤ワイン&ベリーパン | トップページ | もちもちメープル蒸しパン »

コメント

こんばんわ♪
どちらもおもしろそうな本ですね。
「博士の愛した数式」はとても好きな本なのでこの2冊もきっと読んだらはまりそう~。
新刊とか私あんまり読んだりしないので尊敬します。本当の本好きって新刊もしっかり読むんですよね。私はいっつも中古狙いで(苦笑)
あ~私もなんだか本読みたくなってきちゃいました。

投稿: fumi | 2006年5月 5日 (金) 21:28

fumiさん

私も、新刊を買うのは、限られた作家さんだけで、最近は小川洋子さんくらいです。
あ、あと『ハリポタ』シリーズ・笑
私も基本は文庫でーす。ブック○フも好きでーす。
私は、もう10年以上も小川さんのファンで、彼女の新刊が出ると必ず読んでいます。
『博士の~』をお気に召したのなら、他の作品も文庫になっているので、是非♪
最近彼女が有名になったので、どの本屋に行っても彼女の作品が平積みされていて、うれしいのです♪

投稿: Ruby (fumiさん) | 2006年5月 5日 (金) 22:34

「ミーナの行進」いま王様のブランチでも紹介されていました!
Rubyさんの紹介も読んでいたので、かなり読んでみたくなりましたー。
だけど本は結婚してからめっきり読んでないな~。
普段は家事と仕事に追われちゃって全然時間なくって。。。
こういう長い休みにバタバタ出かけず読書、
というのもなかなか贅沢な過ごし方でいいかもしれないですね☆

投稿: noriko | 2006年5月 6日 (土) 09:56

norikoさん

あ"ーーーーーっ
それ見逃しました orz
しかも、さっきmixiのコミュで知ったのですが、小川さん本人のインタビューもあったそうですね
○| ̄|_
王様のブランチって、再放送ないんだっけ……

…ミーハーですみません(汗)
『ミーナの行進』良かったです。
新刊なのでまだ本屋に平積みされてますね。
でも新刊は高いので図書館で借りるとか、ブック○フ狙うとか、文庫になるのを待つとか…(それじゃ忘れちゃうか)
本の値段がもう少し安くなればいいのになぁと思うのです。

投稿: Ruby (norikoさん) | 2006年5月 6日 (土) 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝焼けと赤ワイン&ベリーパン | トップページ | もちもちメープル蒸しパン »