« 座り読み型書店 | トップページ | 『犬のしっぽを撫でながら』 »

量と質

昨日は、ジュンク堂がすごかったということと長時間過ごしてしまった、ということしか書いていませんでしたが(帰ってきたら疲れてたんで、つい・・・)、夫の立ち読みが終わるのを待っている間に、いろいろと考える時間があったんです。

社会人になって、お給料をもらうようになってうれしかったことの一つが、本やCDがたくさん買えるようになった、ということでした。といってももちろん無制限になんでも買えるわけではありませんが、まあいわゆる「大人買い」というんでしょうか、例えば、あるアーティストの過去のCDをまとめて5~6枚買うなんていうことが、できるようになったわけです。

これが、中学生、高校生の頃は大変でした。CD買うにしても、今月出る新作のうち、どれにしようか散々悩み(もちろん買えるのは1枚)、当時はインターネットなんてありませんから、FMラジオでエアチェック(←死語)したり、雑誌の評価を熟読したりして、ようやく1枚のCDに絞る。で、やっと決めたかと思えば直前になって別のアーティストが新しいのを出したりして、また迷ったり。自分がファンになった時点で既にある程度歴史のあるアーティストだと、過去のアルバムが結構あったりして、「全部揃えるにはあと○○枚か…」なんてため息をつく。

大学生になってからは、アルバイトをするようになったので、多少は軍資金は増えたものの、やはり、買うものは吟味を重ね、そうして手に入れた本やCDは何度も何度も繰り返し聴いたり読んだりしました。中学生の頃に何度も聞いた曲は今でも歌詞を覚えているくらい。1冊の本、1枚のCDと深く関わる濃密な時間を過ごしていたように思います。

では、今はどうか。確かにばーーっと大人買いはするようになりましたが、時間がない、という言い訳の元に、CDも1回聴いただけ、とか、とりあえずiPodに入れたぞ、そのうち聴くだろう、とか、思うだけで実際聴くのはいつのこと?本も、あれも読みたい、これも読みたかった、ああこの人の新作が出ている、と欲しいものは次から次へと出てくるけれど買うペースに読むペースが追いつかず、読まれないままの本がどんどん山積みに・・・。作品と向き合う時間の質が明らかに変わりました。

もちろん、量をこなす(数多くの作品に触れる)ことは、それはそれで意味があると思います。でも一つ一つの作品に接する態度が少し雑すぎないか・・・買ったばかりの文庫本の山を前にして非常に矛盾しているのですが(汗)、少し考え直す機会になりました。

でもまた買っちゃうと思うけど・・・

---

Sanukiudon今日はちょっと手抜き夕食。讃岐うどんです。香川県で「生醤油うどん」を体験してすっかり二人とも大ファンに。家では讃岐うどん用のだし醤油を取り寄せています!それについてはまた別途書こうと思っています。

ねぎのせすぎ?(汗)でも青ねぎ好きなんです・・・(私が)。


Pork3 それから先日作ったローストポーク・・・こうやって食べるとやっぱりチャーシューみたい(笑)。

|

« 座り読み型書店 | トップページ | 『犬のしっぽを撫でながら』 »

コメント

そうですね~
たくさんの本を読む事によって
好きな本だけではなく‥いろんな思考の本に触れ合えたり
こだわって選んだ 絶対好きな本ではない
違った世界に出会えたりすることもあるんですよね
質にこだわりながら‥世界が固まるのもさみしいし‥
これからも買ってしまうのかも(笑)

それから 讃岐うどん 大好きです
四国うどんめぐりを仲間としたときは
1日に10軒うどんを食べまくりました
わたしは釜玉うどんにハマってました
近々やります!!(笑)

投稿: きゅう | 2006年4月11日 (火) 09:40

わかるなあ~。で、きゅうさんのおっしゃる「違った世界に出会える」ってのも。


私は大人買いと言うより、今は不便なところにいるから、手に入る日本語の本は何でも読む系の雑読だなー。
ブック・オ○(おまる?)100円コーナーで特に重要視するのは本の厚さ!!ww
おかげでいろんなジャンル読むようになった。

投稿: em | 2006年4月11日 (火) 23:01

きゅうさん

そうなんです。新しい作品に出会って世界が広がるのはこの上ない喜び…でも、昔のあの「深さ」もちょっと懐かしかったりして…(笑)

讃岐うどん、1日に10軒ですか!?
すごい!!さすがにそこまでは食べられませんでした…
かまたま、おいしいですよね。
そういえば、漫画家の西原理恵子さんが、かまたまのことを「うどんカルボナーラ」って描いてたなぁ(笑)

投稿: Ruby (きゅうさん) | 2006年4月12日 (水) 23:26

emさん

そういうチャレンジ精神大好きです(笑)。
不便さが却っていい効果を生んでるとか?
ブック・オ○、私も好きだよ~~
最近文庫本高いもん。文庫の癖に600円とか700円近くするなんて、許せないよねー(笑)

投稿: Ruby (emさん) | 2006年4月12日 (水) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 座り読み型書店 | トップページ | 『犬のしっぽを撫でながら』 »