« スタミナ月間 | トップページ | 諸手続き »

アップルパイ

昨日は洗濯しようと思ってがんばって午前中に起きたら、外は雨。 orz せっかく、そろそろ花粉も落ち着いてきたみたいなので、外に干せるかなーと思ったのに(うちは二人とも花粉症)…。まあでも、これ以上ためたくなかったので、洗濯しました。また室内干しかぁ。

Nakajimadecoその後、夫が全然起きてくる気配がないので、暇つぶしに(そればっか)アップルパイを作ってみることにしました。

←参考にしたのはこちら。

『中島デコのマクロビオティック パンとおやつ』 PARCO出版

アップルパイ、なんて、乳製品アレルギーがあったら絶対食べられないだろうと思っていたのですが、この中島デコさんのレシピは、マクロビオティックなので、乳だけでなく砂糖も卵も使わずに作るもので、しかも作り方をみたら、「生地をねかせる」とか、「バター(は元々使えないが)を何層にも織り込む」、とかめんどうなことが一切なく、リンゴを煮て、粉をこねて生地を作って焼くだけ、だったので、これならイケルかな、と思い挑戦。ただし、私は特にマクロビオティックを実践しているわけではないので、粉も普通に売っている薄力粉と全粒紛を使います。

Apple_pie1←リンゴにシナモンをふりかけてルクルーゼに。ほんとは紅玉を使いたかったのですが、なかったので、ふじ、だったかな?にしました。安かったので。

お菓子作りには紅玉のほうが酸味があっていいんですよね、確か・・・

Apple_pie2←焼く前






Apple_pie3Apple_pie4←焼けました。左のは、つやだし(?)前。"つや"はリンゴジュースとくず粉で。最初、めんどうだなーなくてもいいかなーと思ったのですが、焼き上がりを見たら、やっぱりつやがあったほうがおいしそう。ということで塗ってみました。お菓子ってやっぱり見た目も重要ですね!

Apple_pie5おいしかったんですが、まー「パイ」というよりは「タルト」に近いですかね。でも、砂糖まったく使ってないのに、ちゃんと甘い!リンゴの甘さだけでここまでいけるんですねぇ。生地にも少しリンゴジュースが入っています。夫にもこれくらいの甘さがいい、となかなか好評でしたヨ。この生地は、リンゴじゃなくても他のフルーツのタルトとかにも使える、と本にもありました。確かにいけそうです。

この中島デコさんの本、「家族のためのおやつは、売り物じゃないしね」という彼女の言葉通り、分量も「○グラム」じゃなくて「○カップ」だし、粉もふるわないし、お菓子の本にしては結構いいかげん(?笑)なんですが、その分簡単そうでいろいろ作れそうです。

さて、スタミナ月間というコンセプト(笑)、夫も結構気に入ったみたいで、肉を食べようということで晩御飯はすきやき(同じ肉でも「ステーキ」にならないところが我が家風・・・)。

Nikutabesugi肉食べ過ぎたよ☆(2人で330g!)。それでも、私は気をつけて野菜多めに食べてましたが、夫はご飯の後倒れてました(苦笑)。肉多め、って言い出したのは夫なんだけどなー。

「すきやきとは肉を食す料理である」ことを実感しました(笑)。

|

« スタミナ月間 | トップページ | 諸手続き »

コメント

えらーい。その上おいしそうじゃないのっ!!
西洋のお菓子作りしたいんだけど、お菓子につき物の○○グラムって測りがないよ、うち・・・ウチにある本て手抜き主婦系が多くて、「市販のパイシートでラクラク」とか書かれても、パイシートが手に入らぬ・・・で西洋菓子はいつも決まったものしか作れないんよね。
今度レシピを教えておくれ!!パイナップルで作ってみたい!!!

投稿: em | 2006年4月17日 (月) 09:16

Rubyさん、こんにちは。

へえっ、アップルパイってバター使わなくても
できるんですねえ。
ちょっとクッキーっぽい感じになるのかしら?
りんごジュースとくずでつや出しか。。。
卵を使わなくてもそういう工夫でできるんですね。
やっぱりお料理やお菓子作りには工夫が大切なんですね。
私も今度の金曜日にはアップルパイを焼く予定です。
でも、冷凍パイシートですけどね。
Rubyさんを見習って甘さ控えめで作ってみようかな。

投稿: みゆき | 2006年4月17日 (月) 10:50

自分で作るとヘルシーなおやつも作れるんですね
わたしお菓子作りのきっちりしなきゃみたいな
料理に向いてないみたいでいつも失敗します
1カップみたいな計り方でよければ
こんなわたしにでもできるかも‥って嬉しくなります
それから お肉多め料理実践してますね~
でも2人で330gはいつも食べてるかも‥って
ちょっとビックリしました~
食べすぎ??
鍋するとたくさん食べれるし 
スタミナ月間 大成功するんじゃないですか?

投稿: きゅう | 2006年4月17日 (月) 12:35

emちゃん

そう?おいしそうに見える?ありがとー。
レシピ別途送るよ。
すんごい簡単だよ。粉と油とリンゴジュースがあればできる(笑)
パイナップルでつくるのもおいしそうだなー。

投稿: Ruby (emさん) | 2006年4月18日 (火) 00:28

みゆきさん

そうですね、あのいわゆるパイのサクサク、というよりは、タルト生地みたいな感じです。
みゆきさんはお菓子作りお上手なんですよね~!
バレンタインの時のケーキ、すごくおいしそうでした。
リンゴにも砂糖入れませんでしたけど、甘かったです。
砂糖なしってなんかヘルシーっぽくてよくないですか?(笑)

投稿: Ruby (みゆきさん) | 2006年4月18日 (火) 00:31

きゅうさん

私も、お菓子って「分量は正確に」とか、「粉は二回ふるって」とか言うじゃないですか。あれが苦手で…だからこのレシピは相当ラクチンでした(笑)。

肉の量、やっぱりウチが少なすぎたのかなぁ…
でもお二人で300g食べたら、相当おなかいっぱいになりません!?
ウチは倒れましたよ(苦笑)
スタミナ月間、マイペースでがんばります(笑)

投稿: Ruby (きゅうさん) | 2006年4月18日 (火) 00:34

美味しそうですねー。アップルパイ!
お料理上手で素敵です♪

私、アップルパイは小学校のときに作って以来つくってない!
久々に作りたくなりました。

ちなみにRUBYさんはルク愛用なんですね★
私もすごく欲しいんです♪
重さとか気になりませんか?そこだけが心配な点です。

投稿: まっく | 2006年4月18日 (火) 00:35

そういえば、こないだ気付いたんだけど、
乳製品アレルギーって、ココナッツミルクは大丈夫?
私、前にレーズンスコーンのレシピでココナッツミルクとパイナップルで作ったら、コレはかなりいけた。(レシピ全然守ってないが)

もし大丈夫なら牛乳の代用品としてココナッツミルク入れてみるのもいいかも。

投稿: em | 2006年4月18日 (火) 16:49

まっくさん

料理の写真を撮っているのは、それなりにまともに作った時だけです(汗)。
基本は手抜きですので、料理上手などと言って頂くとお恥ずかしいです…
ルクルーゼ、いいですよ。
確かに重いですが、ルクルーゼで作るものって煮込みみたいのがほとんどなので、重さが気になるのは洗う時くらいかな?
一つあるといいかもです!

投稿: Ruby (まっくさん) | 2006年4月18日 (火) 22:02

emちゃん

ココナッツミルクも、「ミルク」に本当の牛乳が混じってなければOKだよ。
ただ、日本だと、ココナッツミルクはその辺のスーパーにはあんまし置いてないのよ。
なので、いつもは牛乳の代用品は豆乳が多いよ。成分無調整(無糖)と調整(砂糖あり)があるんで、使い分け可能なのだ。

投稿: Ruby (emさん) | 2006年4月18日 (火) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スタミナ月間 | トップページ | 諸手続き »