« 結婚式その3・会場と料理 | トップページ | 地震 »

結婚式その4・ドレス

結婚式からもうすぐ3ヶ月。モタモタしていると忘れてしまいそうなので(笑)覚えているうちにアップしていきます。

三溪園で挙式・披露宴というと、「和風ウェディング?」とみんなに聞かれましたが、実際は新郎新婦とも洋装で通しました。

Wedding1お色直しはなし、ウェディングドレス一着で、人前挙式→披露宴でベールを取ってアクセサリーとブーケをチェンジ。

ドレスは、「ノビアペルラ」でレンタルしました。スペインからの輸入ドレスを扱うショップで、スタイリッシュな雰囲気のドレスがたくさんありました。

会場がこじんまりとしており、ゲストとの距離も至近なため、素材は絶対シルク、またシルエットもプリンセス型とかじゃなく、スレンダーなタイプ、と決め、それを基準にショップを探し、結局6店ほど試着に行きました。ビスチェだと11月じゃ寒いかなぁ、とも思ったのですが、当日はよく晴れ、問題ありませんでした。さすがに夕方日が沈んでからは肌寒くなりましたが。

Dress_backレーンの長さにはこだわらない、というかむしろ短めで。チャペル挙式ではないし、動きやすさも考慮して。

ベールはロングベールにしました。レースなどもついていない、パイピングだけのシンプルなもの。

Necklace

アクセサリーは、挙式時はパールのネックレスとピアスでシンプルに、披露宴では、ビーズで華やかさを出してみました。披露宴ではベールを取り、アップした毛先に少し動きをつけて、ブーケと同じ生花を。

←この写真ではちょっとキラキラ感が少ないですが、実際は自然光を受けて結構キラキラしていた、と思います(多分・・・)

実は一番困ったのが、靴とドレスのすその長さ調整でした。鶴翔閣は日本建築。中は畳なのです。つまり、移動中や庭での写真撮影時を除き、室内の挙式披露中は靴を履かないんです。靴を履いている時と脱いだ時、それぞれドレスのすその長さをどう調整するか、ドレスショップの方ともいろいろ相談しました。最終的には、ドレスの前スリットの部分にひっかけるところを作っていただき、靴を脱いで室内にいる時は、ドレスを持ち上げるようにして前をひっかけて少しすそをあげる、という仕掛けをつくって頂きました。そして、靴は、脱いだ時と見た目の印象があまり変わらないように、4cmヒールで。ブライダルシューズになるような白い靴で4cmヒールの靴ってありそうでなくて、相当苦労しました。結局既製のもので探すのはあきらめて、「ブティックオーサキ」でセミオーダーのような形で作ってもらいました。出費としては痛かったですが、まあ仕方ないですね。

|

« 結婚式その3・会場と料理 | トップページ | 地震 »

コメント

ブログ開設おめでとうございます。

これは別人ですか??!!

投稿: mac | 2006年2月 6日 (月) 10:31

macさん

ご訪問&コメントありがとうございます。
>これは別人ですか??!!
なんですか、これは素の質問ですか。
?と!が2つづつついているところからすると、一応お褒めの言葉でしょうか(笑)
写真全部をお見せできなくて残念です(爆)
また遊びに来てくださいね~!

投稿: Ruby (macさん) | 2006年2月 7日 (火) 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結婚式その3・会場と料理 | トップページ | 地震 »